NEWS

ニュースリリース

2016.02.25

衆議院予算委員会の公聴会にて弊社代表が意見陳述を行いました。

12765660_959563684132210_1969888747_o-1-300x1692016年2月24日、衆議院予算委員会にて平成28年度の予算案審議のための公聴会が開かれ、おおさか維新の会推薦の公述人として弊社代表 松田元が出席しました。

有識者による意見陳述として松田は、「日銀が大規模な金融緩和を行ってから、民間の銀行が国債を保有する割合が減る一方、海外の投資家の割合が上昇傾向にある。国債の格付けが下がると国債の価格が大きく下がるリスクが高まっており、市場との対話を重視するなど今後、注意が必要だ」と述べました。

公聴会の様子は、NHKニュース等でも取り上げられました。 NHK NEWS WEB(動画あり)